宝彩有菜の心と体のコリをほぐすヒーリングセッションの
体験記・事例紹介

(home)/(index) 事例:()()()()()()()()(9)(10)

宝彩有菜は、「心と体のコリをほぐすヒーリングセッション」を実施しています。
ここに、そのヒーリングセッションの事例や体験記等を掲載します。
「人生百科」にも、糖尿病、ウツ症状症状、不妊症などの改善体験があります。
ご自分の心と体のメンテナンスのヒントになるものがありましたら、参考にしてください。
(なお、ここでのニックネームは、すべて仮称になっています。)


No.001    長年の頭痛


ご相談の内容は、下記のとおりでした。                      
■ 名前:エルティさん(女性)
■ 頭痛
■ 10年くらい前からしばしば
■ 医者に行っても原因不明                      

---------------------------------
  healing sessin(宝彩有菜のヒーリングセッションの内容)
---------------------------------
■頭痛の原因には様々なものがあります。目の疲れから来るものもありますが、それだと、目がイキイキ動きません。エルティさんは、目がくりくり良く動きますので、それが原因ではなさそうでした。

■首も少し凝っていましたが、両肩に触れると、まるで固い板のように凝っていましたので、なぜ、このように凝っているのか質問しましたが、はっきりした回答はありませんでした。とにかく、昔からよく凝るということでした。

■なぜ凝るのか、その原因を見つけないと治りません。観察していると、元気よく「はいっ、はいっ」と返事をするときに、首を縦に振るしぐさがとても高速なことに気がつきました。

■それで、肩に手を置いて、しばらく会話をして確認してみました。確かに「はい、はい」と頷くたびに、首、肩に異常な力が、ビクッビクッと入っています。まるでスナップを効かせるように首を振る癖があります。
誰でもこのような乱暴な首の振り方をしていたのでは、首や肩はすぐに凝ってしまいます。原因はこの首振りのようです。

■それを説明して、「はい、はい」と言うとき、首をあまり振らないようにして「はい、はい」と言えるように、少し練習をしました。どうもそうすると無意識に振っていたのが、意識されるので居心地が悪そうでしたが、頑張ってしばらく練習しました。例えばお姫様のようにゆっくり、ちょっと斜めに首をかしげてみてくださいとか、いろいろ練習しました。

■たぶん、この無意識での乱暴な「首振り」がなくなれば、肩や首が凝らなくなると思います。すると頭への血行が良くなりますから、頭が痛くなることはなくなると思います。そのように説明しました。

(宝彩有菜)
---------------------------------
 thanks mail(頂いたお礼のメール)
---------------------------------
宝彩先生

ヒーリングセッションありがとうございました。
なんというかものすごいことに気づかさせてくださって、本当にありがとうございます。

先生と一対一で向き合うという経験も得難いものでしたが、自分のこれまでのすごーく不自然な生き方(と、言い切ってしまってもよいものでしょう、あれは、)がおかしくて、笑ってしまいました

思えば小さい頃(おそらく小学生)、母親が「かんぶりふり」と命名するぐらい、頭をふる癖が強くあり、いつのまにか遠い昔のことと思っていましたが、今でも続いていたのには驚きました。

しかも先生がいみじくも、「スナップを効かせて」と表現されたのには、爆笑とともに、あまりに言い得て妙で、今後は絶対に頭で「スナップをきかせる」ようなことはしないよう、気をつけることができて最高でした。

これも、たしかにこれまで、突然首の筋がびきーっ!となることが(振り向きざま、とか、日常で)幾度となくありました。ううむ。
今は、首の上に陶器のでっかい鉢でも載せているような気持ちです。
よし、がんばって修行します。

おまけに、なんでもイエスマンになることとか、はきはきしすぎて男みたいだったりすることなども改善されて、女らしく優雅で優しい印象にまでなれるかもしれないので、とても楽しい修行です。
ひどい肩こりも治るといいなあ、と今から楽しみです。

宝彩有菜のヒーリングセッション、万歳。

それでは。
お読みいただいて、どうもありがとうございました。

エルティより


No.002    長年の胃痛


ご相談の内容は、下記のとおりでした。                      
■ 名前:ハーティさん(男性)
■ 胃が時々痛くなります。
■ 痛みが出る時は、一瞬の時もありますし、30分程続く時もあります。
   10年以上前からこの不調はあります。
■ 医者に行っても「ストレスが原因」だと言われます。              

---------------------------------
  healing sessin(宝彩有菜のヒーリングセッションの内容)
---------------------------------

■仰向けになってもらいお腹のどこが痛いのか示してもらいました。
左腹部中央あたりです。医者に行っても異常はみあたらないのだそうです。

■痛くなったら30分くらい寝ていないと回復しないということでした。
その回復のために横になる姿勢をしてもらいました。左側を下にして横になると良いのだそうです。

■嗜好品類について。コーヒーをブラックで日に5杯。タバコも吸う。
本人は痩せ気味の体格ですから、胃が痛む可能性はありますが、でも、痛む場所が胃より5センチ以上ずれていますから、嗜好品が原因ではないようです。

■痛む腹部のところに静かに手を当てて目を瞑っていると、「先生は、手を当てると中が見えるんですか?」とハーティさんが私に聞きましたので、「いいえ見えませんよ。でも、変なところは分ります」と言いました。
「どこが変ですか?」
と聞かれましたので、ちょうどなんとなく、『この肋骨の最後のところは異常に薄いなぁ』と思っていたところでしたので、その薄い部分をつまみながら言いました。
「ええと、ここがほら、こんなに薄くて尖がってますね。それに右に比べて1センチくらい長いです」
「尖ってますか?」
「ええ、普通はもっと厚みがあると思うのですが、ハーティさんは痩せているからでしょうかね」
と会話しているうちに、はっと気がつきました。

もし、前屈みになると、この肋骨の尖った先端が、ちょうど痛いという腹部に食い込む形になるのだとしたら、そこが傷つきます。そうかもしれません。

「もしかしたらここがお腹に食い込むのかもしれませんね。普通は、腹のまわりに脂肪があるので腸に突き刺さるように食い込むことはないのですが・・・。ハーティさんはやせていますから、この尖がった先端が腸を押すのかもしれません。するとちょうどこの位置になると思いますが・・・・」といって、先端の当たるだろうと思われるポイントを押しました。
「あいたたた、そこです。そこそこ」
「なるほど、やっぱりそうですね。分りました」

で、早速、起き上がってもらって、その先端が食い込むような姿勢になるよう、いろいろな考えて姿勢をとってもらいました。
「ああ、分りました。こうですよ。これだ。いつもこうして作業をしているんです」
と、左の膝を折ってそれを両手で抱えるような姿勢になりました。床を工事したりする作業の時に、時には2時間くらい、こうして道具を持って作業をしているということでした。

■「そうですか。なるほど。この姿勢が原因ですね。では、今からは逆の足、つまり右の膝を折って、そっちに体重を乗せて、そう、その姿勢をしてみてください。そうすれば、左の腹部は圧迫されませんから大丈夫です」
と足を反対にしてもらいました。
「あっ、そうですね。なるほど。でも右でこういう姿勢をするのは、とてもやりにくいです。やったことがないです、20年も。あはははは、なるほど、こういうことですか」

■「そうですね。原因がはっきりしました」
「そうですね。とても物理的なことですね。何か、悪い病気かと思ってました」
「はい。物理的なことですね。ですから、この尖がっている肋骨が悪いわけです。ですから、そうですね、そこを2センチ削ってもらうと治りますね」
「あはははは」
「あるいは、お相撲さんのように太ると前屈みはできませんから、皮下脂肪をしっかり腹の周りにつける方法もあります。それでも大丈夫ですね」
「あはははは」
と最後は、冗談を言いながらその日のセッションは終わりました。
ハーティさんは、心から晴れ晴れした明るい顔になっていました。

(宝彩有菜)
---------------------------------
 thanks mail(頂いたお礼のメール)
---------------------------------
宝彩先生、ハーティです。

昨日の瞑想会、楽しく充実した時間を過ごさせていただき、ありがとうございました。

また、ヒーリングセッションもありがとうございました。
ヒーリングセッションで原因が肋骨の出っ張りにあるとのこと、原因がわかり、それだけで、もう本当に心が晴れました。

ありがとうございました。
取り急ぎ、お礼まで。
  
ハーティより
 
 

No.003    長年の腰痛


ご相談の内容は、下記のとおりでした。                      
■ 名前:ジェーディさん(男性)
■ 時々、腰痛に悩まされる。
■ 軽度だが原因不明。
■ 医者も分らない。

---------------------------------
  healing sessin(宝彩有菜のヒーリングセッションの内容)
---------------------------------
■ 腰痛ということなので、うつぶせに寝てもらって、腰のあたりに手を当ててみましたが、見たところどこもおかしなところはありません。それで、普段の生活を聞いてみました。

■ とても神経を使う仕事をしていて、緊張する場面もあるということでした。

■ 集中力のある方なので、そのような仕事もプロとしてできるのだろうと思いましたが、細かいところに集中していると、無意識に息が止まることが多のではないかと思いました。

■ そうすると、仕事も辛く感じます。また、緊張していると内臓およびその周辺への血行が悪くなります。ですから、リラックスすることですが、具体的には腹式呼吸を勧めました。

■ 本来なら、いつも腹式呼吸をしているのが良いのですが、いきなりは無理なので、時間を決めて実施すること。
まずは、腹式呼吸を習慣づけしたほうが良いと思いました。
そこで、「腹式呼吸を1時間おきに5分程度は実施してください」とアドバイスしました。

(宝彩有菜)
---------------------------------
 thanks mail(頂いたお礼のメール)
---------------------------------        
こんにちはジェーディです。

前回の瞑想会のヒーリングセッションでは、大変お世話になりました。ありがとうございました。
あれ以降、毎日、車の行き帰りや、散歩の合間にせっせと腹式呼吸を続けております。
殆ど、全くといっていいほど腰痛は、改善しました。
仕事上で、緊張したときに息を止める事があるようで、その時には少し腰の違和感が出てきます。
呼吸で痛みが改善されるということは、酸素不足が原因ということだと思いますが、すると腰痛の70〜80%は血流障害によるものではないかと思い驚かされました。
非常に分かりやすく教えて頂きまして感謝しております。
ありがとう御座いました。

失礼いたします。

ジェーディ拝


 

No.004    長年の胃痛


ご相談の内容は、下記のとおりでした。                      
■ 名前:ケーエムさん(男性)
■ 胃が時々痛くなります。
■ 原因不明です。          

---------------------------------
  healing sessin(宝彩有菜のヒーリングセッションの内容)
---------------------------------
■ ケーエムさんは、やや、やせ気味ですが、健康そうな体格です。
どこが痛くなるのか、仰向けになってもらって聞きました。場所は、胃のところのようです。
胃の上から手を当ててみましたが、何も悪いところは感じませんでした。

■ どんな時にお腹が痛くなるのか聞きましたら、「仕事の途中とかが多い」ということでした。

■ 仕事は、パソコンに向かっての仕事が主だということです。
どうも、胃の皮袋を折っているような気がしました。胃は固い袋でできていますから、折れたところは圧迫されて「白く」なって血が通わず傷みます。

■そのようなお話をしていると、
「胃の調子が悪いからあまり、物を食べないようにしていました」
といわれたので、
「それは逆です。物が中にあったほうが胃は強いのです。サッカーボールも中に空気が入っていればつぶれませんが、中が空だと、つぶれて折れ曲がりやすくなります。しかも、胃は皮が厚いですから、曲がると白く圧迫されて痛くなるのです。」
とお話ししました。
「ほう、そうですか。では、まるで逆をしていたのですね」
と納得されたようです。

■「そうですね。ですから、仕事中、姿勢を良くすることも大切ですが、胃の中に何か食べ物があったほうが、丈夫ですから、何か入れた方がよいのです」と、3時とかに、クッキーなどを食べるようにアドバイスしました。

(宝彩有菜)

---------------------------------
 thanks mail(頂いたお礼のメール)
---------------------------------
以下は、ケーエムさんの奥さんから頂いたメールです)

ヒーリングセッションありがとうございました。
ケーエムへのアドバイス、大変参考になりました。
体調に気を遣うあまり、甘やかしすぎて萎えているところがあったかもしれません。
とくに、昔(パニック)の名残で、お腹をいっぱいにすると恐かったので、「食べ過ぎはよくない」「ひかえめ、ひかえめ」と、栄養には気をつけていながら、できるだけ空腹でいようと心がけておりました。
まあ、この3日間でだんだん食欲も旺盛になってきました。

ありがとうございました。 

(ケーエムさんの奥さんからでした)       
 

No.005    座骨神経痛


ご相談の内容は、下記のとおりでした。                      
■ 名前:ピーワイさん(男性)
■ 座骨神経痛
■ 腰から座骨の痛み、両足先までの疼痛も。
■ 医者に行ってもよくわからない。                 

------------------------------------------
ピーワイさんのさらに詳しい説明
------------------------------------------
■ 不調なところ 
  座骨神経痛・・・腰から座骨の痛み、両足先までの疼痛
        (両手も、普段意識はしてませんが、軽い神経痛)
  ・比較的良い状態になったり悪化したりします。
  ・過去一番酷かった時が3回あり、
   両足裏の疼痛が酷くて、我慢できず大変だったり
   左足が完全に動かなくなったり(少しでも動かすと左ひざに激痛が走る)、
   全身神経痛(両手、顔、歯も含めて全身が痛い)になったりしました。
  ※あと、各種湿疹になりやすくて困るとか、冷え性(足が異常に冷たい)
   とか、いまいち頭がスッキリしないとか、睡眠導入剤を使用しているとか、
   いろいろ不調なところはきり無くあるのですが、
   とりあえず座骨神経痛メインでお願いできれば、と思います。

ピーワイより

---------------------------------
  healing sessin(宝彩有菜のヒーリングセッションの内容)
---------------------------------
■ とりあえず座骨神経痛ということなので、うつぶせになってもらい、腰の辺りを触診してみましたが、特にどこか変だということはありませんでした。

■ ただ、腿の筋肉とか、お尻の筋肉がぶよぶよしていて、筋肉質がとても少ない。
それで「どれくらい運動してますか?」と聞くとあまりしていない様子でした。
運動についての、いろいろな会話の中で、「歩くのが面倒だ」みたいな発言があったので、それを追求していくと、小学校のときから、歩くのが嫌いだったとかの話になりました。

■ それでは、もしかしたら、ちゃんと歩けないのではないかと、ふと思いましたので、立ち上がってもらい、手を振って行進してもらいました。

■ そしたら、本人も笑い出しましたが、ちゃんと手を振って行進できないのです。
「あははは、ええー、その歩き方は、いったい何ですか、手と足は、そうではなくて、逆に出すんですよ」

■ かれこれ10分くらい、幼稚園の生徒のように、二人で部屋の中で、正しく歩く練習をしました。

■ そして、「毎日手を正しく振って最低5000歩、歩くように」と厳しくアドバイスしました。

(宝彩有菜)

---------------------------------
 thanks mail(頂いたお礼のメール)
--------------------------------- 

宝彩有菜 先生

昨日は、ヒーリングセッションを行っていただいて、誠にありがとうございました。

5000歩、歩くのは、早速、今日から実行します。
幸い、9月第4週までは、全くの暇人で、やる事が全く無いので、うってつけです。

坐骨神経痛は、どこに行っても良くならず、もう不治の病とあきらめていましたが、これが最後のチャンスと思って、頑張ります。
(あと、もちろん瞑想もします)。

「生き生きと生きる」件ですが、
私は“やりたい事”はさしあたり何も無いのですがとりあえず、先生のアドバイスにあったように、イヤな事はやらないようにします。

幸い、仕事は、全くイヤじゃ無い、というよりむしろ、仕事をやっている時が一番“生きている”感じがして、わりと楽しいので、経済的な影響はありません。
そのうち、本当にやりたい事も見つかると思います。

今後ともご指導ご鞭撻の程、宜しくお願い申し上げます。

ピーワイでした。

---------------------------------
後日談。

ピーワイさんは、6ヶ月後の瞑想会で、久しぶりに会った参加者から、「なんか、人が変わったみたいに変わったねぇ」と驚かれていました。体重は変わっていないそうですが、とてもスリムになって顔立ちも精かんになっています。
なによりも、以前はぴったりだった紺色のTシャツが、今はぶかぶかになっていることでもそれがはっきり分ります。
あちこちのからだの不調がどんどん改善されたようです。なにより、男前になってきました。びっくりです。
人間の身体は、使いすぎてもいけませんし、その逆もよくないということです。

(宝彩有菜) 
---------------------------------      

No.006     のど、胸痛


ご相談の内容は、下記のとおりでした。                      
■ 名前:オオエスさん(女性)
■ 胸が時々痛くなります。
■ のども心配です。声が出なくなったこともあります。
■ 医者に行っても分りません。                           
---------------------------------
  healing sessin(宝彩有菜のヒーリングセッションの内容)
---------------------------------
■ 喉と胸は関係あるのかもしれませんし、無いかもしれません。
うつぶせになってもらい、背中とかを触診しましたが、特に問題はなさそうです。

■ 「前の春に声が出なくなったのも、原因が分っていませんが、声が出なくなると仕事に差し支えるので、とても困ります」ということでした。

■ オオエスさんは、一日に2時間くらい声を使うということでした。
もし、その声の出し方が、大声とか怒鳴っているのなら、声がかすれて出なくなったりすることもよくあることです。
その点を聞いてみましたが、普通におとなしく声を使っているだけだということでした。

■ でも、気になるので、いったいどのように声を出して仕事をしているのか、2〜3分、デモンストレーションをしてもらいました。

■ すると、すぐに分りました。胸をしぼって、喉を締め付けたような、押し殺したような、声の出し方をしているのです。
お腹から堂々とストレートに声を出しているのではなくて、遠慮して声を出している。なにか謝っているような、すまなさそうな出し方です。

■ 「そのような遠慮した声の出し方では、胸も、喉も力が入っているので、緊張して疲労しますよ。その絞った声の出し方が、胸が痛い原因でもありますし、声が出なくなる原因だと思います」といいました。

■ そういうと、すぐに理解されたようでした。
しかも、なぜそのような遠慮した言い方をしていたのかも自分で分析してくれました。
「私は、威張ってはいけない、偉そうにしてはいけない、生意気にしてはいけないとずっと思っていました。」
「そうですか。では、その思い方から変えた方がいいですね」
「はい、そうですね」
「『こら、生意気なことを言うんじゃないの』・・・」
「(どきっ)」
「とか、言われて育ったのでしょうね。きっと」
「あはははは、はい、たしかに、その通りです」
とその原因まで、はっきり分りました。

■ 「堂々と自信を持って、腹式呼吸で、腹から声を出してください。そうすると、声を出すことがすなわち健康に良いことになります。」
とアドバイスしました。

(宝彩有菜)
---------------------------------
 thanks mail(頂いたお礼のメール)

---------------------------------
宝彩有菜先生

オオエスです。(腹式呼吸で書いています)。
セッションを受けることができて、
感謝しております(腹式呼吸)。

おかげさまで工夫すればやってみる方法がたくさんあることに気がつきました。
肋骨をしぼる癖も、苦しいと自覚しはじめたのは最近ですが、そういえばかなり年季が入っているみたいです。

そうそう、
「生意気」と叱られたこと……
先生のご指摘、ずずずばりです。
母が乗り移ったかと思いました(笑)。

そして、
兄より勉強ができて、兄よりピアノも上手で、兄より健康で、何でも兄より優秀だったわたしは、いつも抑えつけられていた(ように思っていた)のです!
お兄ちゃんばっかりずるい!!
さっきまで母と自分との関係しか浮かんでいませんでしたが、お兄ちゃんのことを思い出しました。

生意気と思われても、自信を持って堂々と声を出したいと思います。

ヒーリングセッションありがとうございました。

オオエスより。

No.007    お腹の張り(胃腸が動いていない感じ)


ご相談の内容は、下記のとおりでした。                      
■ 名前:ティーエムさん(女性)
■ お腹の張り
■ ここ数年、始まると4〜5日続く。
■ 原因不明           
           

---------------------------------
  healing sessin(宝彩有菜のヒーリングセッションの内容)
---------------------------------
■ 事前に次のようなメールをいただきました。

■「不調なところは、胃腸が動いていないという感じがすることです。
今日で2日目ですが、2週間ほど前も同じ状況があり、4〜5日続きました。
この腹部が張った感じと同時に、どうも気の沈みがちになりがちな昨今なので、ヒーリングを受けたいと思う次第です。」

■ うつぶせになってもらって、胃の後ろあたりを触診したところ、背筋がとても凝っています。
少し押すと「痛い」と声が出るくらい凝り固まっています。
「ここがこのように凝っているから、胃腸が動かないのだろうと思います」
と言ってから、

■ なぜ、このように凝っているのか原因を聞きましたが、よくわからないということでした。
それで、たぶん猫背で仕事をしているのではないかと思い、どのような姿勢で仕事をしているのか、椅子に座ってその姿勢を取ってもらいました。
案の定、猫背でしかも、午前中だけでも2時間も同じ姿勢で仕事をしている、そして、昼休みをはさんで、また、午後も数時間同じ姿勢をしているということが分りました。

■ その姿勢のときに、背筋をとんとんと叩いて「この箇所で、頭を支えていますから凝るのです」
といいました。
「なるほど。よく分りました。そのとおりだと思います」
としっかり理解できたようです。

■そのあと、ではどう改善すれば良いかということで、机上のモニター画面を手前に引き寄せると猫背が直って姿勢が良くなることがわかりました。

■ あと右足が時々しびれるというのもありましたが、それも、仕事中に左足を右足の上に組んで仕事をしているからだとわかりました。

■ とにかく、同じ姿勢を長時間続けるのは、身体によくないことですから、前後左右を変えながら、身体をバランスよく万遍に使用して仕事をするようにした方が良いです。

■ 「気が沈みがち」というのもありましたが、人間どこか身体に不調があると、そうなりやすいので、この背中のガシガシに凝り固まったのがほぐれると、気分もきっと軽快になると思います。そのように言いました。

(宝彩有菜)

---------------------------------
 thanks mail(頂いたお礼のメール)
---------------------------------

宝彩先生

ヒーリングセッションありがとうございました。
さっそく、姿勢に気をつけて仕事をしています。
調子いいようです。

ありがとうございました。

ティーエム

No.008    肩の痛み


ご相談の内容は、下記のとおりでした。                      
■ 名前:エムワイさん(女性)
■ 左肩甲骨の内側が時々痛くなります。
■ 10年以上。
■ 医者に行っても原因不明。             

---------------------------------
  healing sessin(宝彩有菜のヒーリングセッションの内容)
---------------------------------
■ 痛い箇所は、左の肩甲骨の内側ということで、そこを触診してみましたが、なにも別状はありませんでした。

■ 右は、痛くなることはないということでした。

■ いろいろ周辺の筋や筋肉をしらべても異常はありません。どうして左の肩甲骨の裏が痛いのでしょう。
よく、分りません。

■ そこで、今度は立ってもらい、両手を同時にゆっくり上げ下げしてもらいました。
前から見て、横から見て、そして、後ろから見たときに「あっ」と発見しました。
左肩全体が微妙に、華奢なのです。それに比べて右肩はなんとなく、がっしりしています。

■ 普通、右利きですから、誰でも右の方が逞しくなっていて普通なのですが、何かちょっと雰囲気が違う。
それでこう言いました。
「左側はまるで少女のように、か弱い感じですが、右は逞しい。逞しさが違う。
なぜでしょう? 何か思い当たることはありませんか?」
と聞くと、即座に、
「ああ、そうですね。私は、小さいとき左利きだったので、左を使ってはいけない、左を使ってはいけないって、ずっと思っていたんです。左を使うと叱れたりしましたから」
「ああ、なるほど。だから、左は、少女のままで成長していないんですね。
だから痛いんですよ。左もちゃんとした大人に成長したいのですよ。きっと。」といいました。

■ 「じゃあ、左を積極的に使えば治りますね」
「はい、そうです。でも急に使うと痛くなりますから、ゆっくり使ってください」
「そうですね。30年も遅れているんですから、急には追いつけませんね」
「そうですね。ゆっくりでいいです」
「はい。分りました。どうもありがとうございました」
とそのセッションは終わりました。

(宝彩有菜)
---------------------------------
 thanks mail(頂いたお礼のメール)
------------------------------
宝彩先生

ヒーリングセッションありがとうございました。

「左は少女、右はオバサン」
自分のセッションは、思いもよらない発見でした。
器用な左。
右利きだと思っている自分を縁の下で支えて、
凝り固まったり、捻挫したり、不仲な両親を取り持つよい子的だなぁと思いました。

はじめ、「右は成熟した大人の女性なんだけど、左は小さいまんまの女の子」という表現だったのが、セッションの最後の方で「右はオバサン」という先生のひとことに、妙な感慨を覚えました。
いやぁ、「肩」とはいえ、オバサンと言われてしまった。

一瞬、「じゃあ、左を成長させるより、右も少女にした方が(良いのでは)」なんてマインドは言いましたが。

いいですね、「左は少女、右はオバサン」という響き。
「柳はみどり、花は紅」みたいです。

セッション以来、元気になってしまって、
「どうやって元気になったか経緯をしっかり覚えておか
なくてよかったのだろうか」とマインドは働き者です。

とにかく、ありがとうございました。


エムワイより
(追:コメント)

あはははは、オバサンっていいましたっけ?

(宝彩有菜)
---------------------------------

宝彩有菜の「心と体のコリをほぐすヒーリングセッション」のコーナー

(home)/(index) 事例:()()()()()()()()(9)(10)





(C) All copyrights reserved Alina Hosai 2007
---------------------------------









No.00x    XX


ご相談の内容は、下記のとおりでした。                      
■ 名前:
■ 
■ 
■             

---------------------------------
  healing sessin(宝彩有菜のヒーリングセッションの内容)
---------------------------------

---------------------------------
 thanks mail(頂いたお礼のメール)

No.00x    XX


ご相談の内容は、下記のとおりでした。                      
■ 名前:
■ 
■ 
■             

---------------------------------
  healing sessin(宝彩有菜のヒーリングセッションの内容)
---------------------------------

---------------------------------
 thanks mail(頂いたお礼のメール)

No.00x    XX


ご相談の内容は、下記のとおりでした。                      
■ 名前:
■ 
■ 
■             

---------------------------------
  healing sessin(宝彩有菜のヒーリングセッションの内容)
---------------------------------

---------------------------------
 thanks mail(頂いたお礼のメール)
---------------------------------