The Dhammapada
(home)/(index)/(back)
宝彩有菜のダンマパダ解説です。構築中です。(→ダンマパダとは
クリックすると、解説のページに進みます。/で続いているものは、まとめて解説しています。

【001】 牛車の車輪/【002】 影
【019】 牛飼い  
【035】 心をおさめたならば、安楽をもたらす。 
【042】 心はそれよりひどいことをする。
【051】 あでやかに咲く花の香/【052】 実行する人には実りが有る。

【061】 愚かな者を道伴(みちづ)れにしてはならね。
【062】 すでに自己が自分のものではない。
【063】 愚者は、すなわち賢者である。
【064】 匙が汁の味を知ることができないように。/【065】 舌が汁の味をただちに知るように。
【078】 悪い友と交わるな。

【080】 矢をつくる人は、矢を矯め、大工は木材を矯め、賢者は自己をととのえる。.
【096】 解脱して、やすらいに帰した人は静かである。
【103】 自己に克つものこそ最上の勝利者である。/【104】 自己に打ち克つことはすぐれている。
【116】 善をなすのを急げ。
【124】 もしも手に傷が無いならば。

【125】 風にさからって細かい塵を投げる(と、その人にもどって来る)ように。
【160】 自己こそ自分の主である。
【164】 カッタカという草は、果実が熟すると自分自身が滅びてしまうように。
【165】 みずから悪をなさないならば、みずから浄まる。
【167】 怠けてふわふわと暮らすな。世俗のわずらいをふやすな。

【168】 奮起(ふるいた)てよ。怠けてはならぬ。
【181】 瞑想に専中している心ある人々は世間から離れた静けさを楽しむ。
【194】 つどいが和合しているのは楽しい。
【204】 ニルヴァーナは最上の楽しみである。
【227】 アトゥラよ。世に非難されない者はいない。/【228】 現在にもいない。

【250】 不満の思いを絶ち根絶やし。
【253】 他人の過失を探し求めるな。
【290】 つまらぬ快楽を捨てよ。広大な楽しみを得られる。
【348】 心が解脱していて、もはや生まれと老いとを受けることが無い。
【362】 最高につつしみ、満足している−その人を修行僧と呼ぶ。


(C)All copyrights reserved Alina Hosai 2005-2008
上記のフルセンテンスは、→コチラ
(home)/(index)/(back)

(C)All copyrights reserved Alina Hosai 2005







080