宝彩有菜の瞑想会のお知らせ

      

(home)/(index)/(→支部瞑想会の説明はコチラ)   

 宝彩瞑想会のご案内   since 2004

 「宝彩瞑想」とは、科学です。(どんな宗教とも無関係です)

■瞑想は、科学だ。

瞑想を広辞苑でひくと、「目を閉じて静かに考えること。
現前の境界を忘れて想像をめぐらすこと。
「瞑想にふける」と、あります。

しかし、瞑想は「何かを想像したり、考えたりする」ことではありません。
むしろ逆です。「何も考えないようにする」ことです。
無心になる。無我になる。空っぽになる。
でも、いきなり、そのような心境にはなれませんので、工夫してそうなろうとすることです。
それは、いつも働きすぎの頭に適時、真の休憩、リフレッシュタイムを与えることです。
すると、まるでクリーニングをしたようにきれいになります。

瞑想すると
心が軽やかに明るくなり、
身体が健康になり、
頭が聡明になります。


また、幼い頃の古い記憶が蘇ってきて、例えば、幼児期の懐かしい家族の笑顔や、
夕焼けに染まる近所の家並みなどを、まるでそこのあるようにリアルに思い出したりします。
時には、快感(エクスタシー)が訪れることもあります。

瞑想は難しくありません。簡単です。誰でも練習すればできるようになります。
実際、私の瞑想の方法で瞑想した人の中から、
そのような本当に素晴らしい体験をする人が次々に出てきています。
瞑想は年齢や男女には関係ありません。

私の瞑想の方法は、古来の原始的な、いわばクラシックな瞑想を現代版にしたもので、
誰でも修得できて、しかも、効果の確かなシンプルなものです。

瞑想というと、宗教を思い出す人も多いでしょうし、
何か宗教に関係していると思っている方も多いと思いますが、
瞑想は宗教以前からあるもので、脳に関する科学的なノウハウです。



(以上、「始めよう。瞑想」(知恵の森文庫、光文社、宝彩有菜著より)


 宝彩瞑想会の内容:

瞑想の実践。
瞑想についての、講話、雑談、体操、呼吸法、座り方、ストレッチ、セミナー、瞑想についての質疑応答の時間もあります。
どの回からでも、参加できます。

(宝彩有菜)

 スケジュール:(日時:場所)

主に、東京で開催しておりますが、大阪・名古屋他でも随時開催しています。

 参加資格:

e-講座の受講生・受講経験者(一講座でも受講の経験のある方)。
   
■および、参加者帯同の方。


 日時:

通常、土曜日の午後ですが、日曜日の場合もあります。
平日の夜の場合もあります。

詳しくは、宝彩瞑想会スケジュールの各開催案内をご覧ください。


 参加費:

各回により、異なります。原則は、当日支払いです。


 参加申込方法:

e-講座での、ニックネームを付記の上、申込みください。

(ただし、定員になりましたら、締め切らせていただきますので、御了承ください)。


 会場案内図 詳しくは「予約チケット」をご覧ください。

   (1) 東京 A  
   (2) 東京 B  

   (3) 横浜
   (4) 大阪
   (5) 名古屋
   (6) その他
 
瞑想会当日の諸注意等

 
持参するもの:

(1)ショールまたは、ひざ掛け
(2)飲み水 (ペットボトルで可)
(3)敷物 (会場に座布団はありますが、どうしても自分の敷物に座りたい方は御持参ください)
(4)タオル (汗はかかないと思いますが念のため)
(5)なるべく緩やかな衣服でご来場ください。 
  (狭いですが着替える場所もあります)
(6)宝彩瞑想会参加予約チケット、および会費。
(7)「瞑想の真髄」をお持ちの方は持参ください。
  (宝彩瞑想会配備分を、お預けした人で、
  今回参加される人は、お手数ですが、それもご持参ください。)
(8)「瞑想行程図のファイル」を、お持ちの方も、なるべくそれを
  ご持参ください。

※初参加の方は、→コチラもご確認ください。(初参加者サイト)
「瞑想行程図のファイル」も事前に印刷できます。(要パスワード4桁)

 ご注意:

(1)写真撮影、ビデオ、録音等は、ご遠慮ください。
(2)会場に入られる際は、ケータイ電話の電源をお切りください。
(3)当日は体調を整えてご参加ください。
(4)会場には、普通駐車場はありません。
(5)開場は、通常、会の開始、15分前です。(受付、着替え等のため)
(6)会の終了が少し伸びる可能性もあります。(15〜30分)

 その他

(1)よくある質問

(2)参加規則等

(宝彩有菜)

(home)/(index) 

(C)All copyrights reserved Alina Hosai since 1998.