宝彩有菜の 「瞑想の真髄」 (index)
      

 (説明を読む)/(home)/(index)
「瞑想の真髄」(笑雲伝、宝彩有菜著)の中の、
約400のスートラから、ここに一部を掲載して、
おります。
(★は、解説付きです。)
 「瞑想の真髄」です。
  ・・110、111、112、113、114、115、116、117、118、119、120、121、122、123、124、125、126、127、128、129、130、131、132、133、134、135、136、137、138、139、140(独楽)、141、142、143、144、145、146(自転車)、147、148(清潔)、149、150、151、152、153、154(集中)、155、156、157、158、159、160、161、162、163、164、165、166、167、168、169、170、171、172、★173(鰐)、174、175、176、177(電車)178(同一視)、179、180(定点)、181、182、183、184、185、186(雑念)、187、188、189、190、191、192、193、194、195、196、197(分かる)、198、199、200、201、202、203、204、205、206、207、208(雑音)、209、210(美しい)、211、212、213、214、215、216、217、218、219、220(シーツ)、221、222、223、224、225、226、227、228、229、230、231、232、233、234、235、236(在る)、237、238(戻る)、239、240、241、242、243、244、245、246、247、247、248、249、250(片付け)、251、252、253、254、255、256、257、258、259(プログラム)、260、261、262、263、264、265、266、267、268、269、270、271、272、273、274、275、276、277、278、279、280(小口化)、281、282、283、284、285(苦)、286、287、288、289、290、291、292、293、294、295、296、297、298、299、300、301、302、303、304、305、306、307、308、309、310、311、312、313、314、315、316、317、318、319、320、321、322、323、324、325、326、327、328、329、330、331、332、333、334、335、336(苦手)、337、338、339、340、341、342、343(天国)、344、345、346、347、347、348、349、350、351、352、353(眠気)、354、355、356、357、358、359、360、361、362、363、364、365、366、367、368、369、370、371、372、373、374(マスター)、375、376、377、378、379、380、381、382、383、384、385、386、387、388、389、390、391、392、393、394、395、396、397、398、399、400、401、402、403、404、405、406、407、408、409、410、411、412(レモン)、413、414、415、416、417、418、419、420、421、422、423、424、425、426(仲間)、427、428、429、430、431、432、433、434、435、436、437、438、439・・
© Alina Hosai ,2001,2005(all copyrights are reserved,2001,2005)


瞑想の真髄」は、宝彩有菜の瞑想CD「心はいつも青空のまま」の
付属参考書の一つです。



(home)/(index)